掲示板   平成27年(2015) 12月

防犯対策の強化

 提供道路でひったくり事件があり、公道ですが防犯対策の一環として監視カメラを増設しました。A、B、C、L棟前に両方向、A棟前には回転式カメラが1基です。既設の監視カメラもデジタル方式に替え、精度を上げるようにしました。「安心・安全」をさらに一歩進めます。

掲示板   平成27年(2015) 11月

■アフタヌーン・コンサートのお知らせ■

恒例のアフタヌーン・コンサートが12月6日午後2時から集会室で開催されます。馴染のあるクラシックの名曲が生で聴ける貴重な機会です。クリスマス前でお楽しみもあるかもしれません。
今回は初めて、広尾ガーデンヒルズ歌う会とコラボレーションします。プロの声楽家が指導しているなかなかの実力派です。多くのみなさんのご来場をお待ちしています。

謳音弦楽四重奏団


広尾ガーデンヒルズ歌う会

掲示板   平成27年(2015) 10月

防災訓練のお知らせ


掲示板   平成27年(2015) 9月

Wi-Fi(無線ラン)が使えます




集中管理センター、集会室、ロビー付近でWi-Fi(無線ラン)が使えるようになりました。電波が強いため集会室に近いサンクン・ガーデンでも受信出来ます。パスワードは1回設定すれば以後、自動的に受信します。パスワード設定は管理センターにお聞き下さい。
コーヒーショップ、セガフレードもWi-Fi(無線ラン)が使えます。こちらは設定せずに使えます。

AED(自動体外式除細動器)

AED(自動体外式除細動器)が集中管理センターに設置されました
AEDとは、突然心臓が正常に拍動できなくなった停止状態の心臓に対して、電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。 突然心停止の最も一般的な原因である心室細動(VF)・心室頻拍(VT) の際に使用されます。 突然心停止は事前の徴候や症状なく突然起ります。もしものときにご利用下さい。






掲示板   平成27年(2015) 7月

夏休み朝のラジオ体操



7月21日より北公園で夏休み、ラジオ体操が始まりました。通年行われているものですが夏休みに入り、子供たちに呼びかけ、多くの方が参加しています。GHももちろん、近隣の子供たちも参加しています。終わるとヤクルトの配布もあります。



外猫避妊手術募金の報告

外猫について

 GHには登録した家猫のほか多くの外猫がいます。外猫とは地域猫といってとくに飼い主がいるわけではないのですが、敷地の中に住みついている猫です。終日、GHに住みついているもの、日赤など別の場所から来て、日中ここで過ごしているものなどさまざまです。
 猫は繁殖がはやく、ほっておくとたちまち子猫が増えてしまいます。そのため行政では殺処分します。殺処分より避妊手術をした方がよいということになり自費で手術を行っている方がいます。その方々に援助しようということで募金を始めたわけです。

ご協力ありがとうございます

 募金箱を管理センター置いたところ、多くの方々のご協力がありました。みなさんの温かい気持ちにたいへん感謝しています。

募金総額 285,320円 (平成27年3月31日まで)



 この募金の一部から世話をして下さっている個人の方に3万円を実費の一部としてお渡しました。この会では昨年、4匹に手術を施し、他の2匹は除胎ほかの処置をし、その他里子に出すためのエイズ検査等健康チェック、衰弱していた猫の医療措置などの処置費用に使われたとのことでした。直接、費用の援助をして下さる方、行政の補助、また自己負担もあり余剰金は今年度の活動に使わせていただきますとの報告がありました。
このほかにも、避妊手術を個人的行っている方がいるようです。どうぞ管理センターまで申し出て下さい。費用の援助をいたします。今後も活動を進めていくため、引き続き募金にご協力下さい。心温まる多くの方がいること、世話をして下さる方がいることとても嬉しく思います。

餌やりについて

 行政では外猫について殺処分をするより、住民がこうした世話をしてくれることを歓迎していますが餌やりについては苦情もあります。夏場に長い時間放置しておくと腐敗して臭いなどの理由です。餌は置きっぱなしにしないで食べ終わるまで見届けて管理するように指導しています。少し本題と離れますが動物については犬や猫だけでなく、鳥の糞害や毛虫の被害などいろいろありますが自然との共生を考え、これからも考えていきたいと思います。

(広報委員長 国安嘉隆)

桑原敏武渋谷区長が広尾GHに来所

 4月17日、集会室において、講演会「渋谷区高齢者福祉サービスについて」と題して渋谷区役所介護保険課の職員による行政サービスの現状と内容に関する講演会が開催されました。当日、退任を間近に控えた桑原区長が挨拶され、高齢化社会に対して渋谷区としてさまざまな対策をとってきましたが、私が退任しても高齢者に対する対策をさらに充実させていくよう指示してあるので、地域のみなさんとともに助け合い、安心して暮らせるように協力をお願いします。との言葉がありました。
 50名弱の出席者があり具体的な内容などメモを取りながら熱心に聞いていました。広尾GHでも多くの高齢者がいて深刻な問題もあります。講演会でも話がありましたが「共助」「見守る」という気持ちをもって高齢者に接したいと思います。


挨拶する桑原区長

後継店舗問題 その後

店舗その後の状況――「ナショナル麻布」の入居

 8月開店に向けて準備中

 3月の組合総会でご報告しましたが、そごう・西武に替って(株)アドリードが区分所有者になり、核テナントしてスーパーマーケット「ナショナル麻布」が入居することが決定しています。他の空き店舗部分についてはアドリード社が折衝中です。
 予定されているスーパーのナショナルが入居するスペースは現在、設備関係の工事をするために床面や面壁を剥がし、準備を進めています。給排水管など新たな設備の設置については、センターヒルの建物躯体に関係する共用部分の変更となり、支部総会の承認手続きが必要です。現在、センターヒルの支部会としてアドリード社と具体的な内容を詰めており、5月末に臨時支部総会を開催する予定で進めております。承認されれば、その後に改装工事を2ヶ月程行うこととなり、店舗のオープン時期は当初の6月開店予定から8月ごろに延期となります。
 なお、お馴染みになったマルシェ(朝市)は5月で終了しますが、ナショナル麻布オープンまでマルシェに代わるオープンマーケットも考えています。
 食品スーパー以外の店舗については、医療関係、食品、飲食店などの入居希望の引き合いがあり、折衝を続けているとのことです。所有者のアドリード社とは連絡を密に保ち、新しい店舗展開の情報を早めに知らせてもらうよう要請しています。居住者としてこんなショップが欲しいというような希望があれば伝えたいと思います。設備工事が進み、具体的な店舗づくりが始まれば、ナショナル麻布からの店舗展開の説明、居住者からの商品構成などの希望を伝えるような意見交換会も考えています。



改装中の新店舗スペースとナショナル麻布店(店内イメージです)