広尾ガーデンヒルズペット飼育細則

改正後の平成27年4月1日から施行

(目  的)

1条 広尾ガーデンヒルズ居住者(以下「居住者」という)は、広尾ガーデンヒルズ使用細則第1条第6号で「他の居住者に迷惑または危害を及ぼす恐れのある動物を飼育する」ことを禁止されている。この細則は、この禁止規定に該当しない「飼育することができる動物」(以下「ぺット」という)の種類等を居住者の合意を前提に定めるとともに、ペットを飼育するにあたって必要な事項を定め、快適な居住環境の維持向上を目指すことを目的とする。

(飼育者の心構え)

2条 ペットを飼う居住者(以下「飼育者」という)は、次のことを心掛けなければならない。

  • ① 他の居住者の立場を尊重し、快適な生活環境の維持向上を図ること。
  • ② 動物の本能、習性等を理解するとともに、飼育者としての責任を自覚し、動物を終生、適正に飼うこと。
  • ③「動物の愛護及び管理に関する法律」「東京都動物の愛護及び管理に関する条例」「狂大病予防法」等に規定する飼育者の義務を守ること。
  • (ペットの種類、数等)
  • 3条 ペットは大、猫、鳥、鑑賞魚、小動物等とし、次の条件をすべて満たすものに限る。
  • ① 爬虫類、有害昆虫など、他人に不快感を与えるものでないこと。
  • ② 人や他の動物にかみつくなど、危害を与えるものでないこと。
  • ③ 建物、樹木その他に損傷を与えるものでないこと。
  • ④ 鳴き声、悪臭など、近隣の迷惑になるものでないこと。
  • ②及至④の条件を満たすために必要と思われる「しつけ」が行われていること。
  • 予防注射など、法定の必要事項を満たしていること。
  • 犬、猫は原則として1住戸1匹、鳥等は1籠、観賞魚等は1水槽、小動物は1籠とする。また、特別の事情により上記制限を超える場合は当該書式にて、ペット委員会に申請し、ペット委員会は当該申請を審議の上、理事会の承認を得るものとする。但し、犬・猫双方あわせて2匹までとする。犬は、成犬で標準体重10キログラム未満の犬種であること。但し、盲導犬、介助犬、聴導犬等は除く。また、セラピー犬等特別の事情により上記制限を超える場合は当該書式にて、ペット委員会に申請し、ペット委員会は当該申請を審議の上、理事会の承認を得るものとする。
  • 繁殖、販売を目的に飼育されるものでないこと。従って、大、猫は不妊去勢手術等繁殖制限措置を行うよう努めること。

(ペット飼育者の会)

4条 飼育者全員及びその他の入会を希望する居住者で「ペット飼育者の会」を構成する。
2.「ペット飼育者の会」は会員の中から各ヒルごとに数名の世話人を選び「世話人会」を設置する。
3.「ペット飼育者の会」の役割は次のとおりとする。

  • ① 会員相互の友好を深めるとともに、ペットの正しい飼い方が浸透するよう研鑽に努める。
  • ② 会員以外の居住者にも、ペットと暮らすことへの理解を深めてもらうよう努める。
  • ③ 「ペット飼育細則」等の遵守、居住者からの苦情処理、ペットによる敷地内建造物、植木、敷地等の汚損に対する会員の共同管理体制を確立し、良好な住環境の保持に努める。
  • ④ 飼育者が自ら解決することが困難な問題が生じた場合には、その飼育者とともに適切な解決を図るよう努める。
  • ⑤ 管理組合に対し、会の組織及び運営状況について適宜報告する。

(ペットを飼育する手続き)

5条 居住者は管理組合に対して、次に掲げる手続きを行わなければならない。

  • ペットを飼う場合は、あらかじめ所定の様式により飼育許可を受けるとともに、この細則を遵守する旨を誓約すること。
  • 犬を飼う場合は、①の手続を経た後、速やかに狂大病予防法第4条に規定する登録及び同法第5条に規定する予防注射を行ったことの証明を提示すること。
  • 飼育者は、ペットの死亡等で新たに別のペットを飼う場合も、そのつど①に定める飼育許可を受けること。

(飼育者の守るべき事項)

6条 飼育者は、この細貝Jで定めるもののほか、次に掲げる事項を厳守しなければならない。

  • 清潔な飼育に心がけ、鳴き声や糞尿などから発する悪臭その他で、他の居住者に迷惑をかけないこと。
  • ペットは、自己の居室で飼育することとし、ベランダ、階段など専有部分である居室以外の場所で飼育しないこと。
  • 自己の居室以外で、ペットに餌や水を与えたり、排泄をさせない。万一自己の居室以外で排泄した場合は、糞便を必ず自宅に持ち帰るとともに、衛生的な後始末を行うこと。
  • ペットの洗浄、毛や羽の手入れ、ケージの洗浄等は自己の居室で行うこと。その場合は、必ず窓を閉めるなどして、毛や羽等の飛散を防止すること。
  • ペットを自己の居室から外へ連れ出したときは、その間、常に引き綱でつなぐなど、飼育者の完全な支配下におくこと。
  • エレベーター、玄関ホールなど建物内の共用部分では、飼育者はペットを抱きかかえるかケージ等に入れて移動すること。但し、第3条第7号で定められた盲導犬、介助犬、聴導犬、および理事会で承認を受けた大型犬、また、平成15年の改定時に一代限り認められている大型犬等を除く。
  • 敷地内の池、植込みなどの中にペットを入れてはならない。これらの場所や、各棟玄関先の石積や階段での排泄は厳禁する。
  • ペットが人や他の動物又は敷地内の建造物や備品、植木等に損害を与えたときは、その飼育者がその責任を負うとともに、誠意を持って解決を図ること。
  • 犬の飼育者は、毎年法で定められた予防注射及び登録を行った旨の証明をそのつど管理組合に提示すること。
  • 飼育者は、管理組合が発行するシールを他の居住者に見えるよう玄関扉等に貼付すること。
  • 犬の飼育者は、所定の目印となるものを管理組合から受入れ、ペットを自己の居室  から連れ出している間、それを他の居住者から見えるよう常に携行すること。
  • ペットを死亡その他の事由で飼わなくなった場合は、その旨管理組合に届けること。

(違反に対する措置)

7条 飼育者がこの細則等に違反したとき又は違反するおそれがあるときは、管理組合はその飼育者を指導することができる。
2.管理組合が指導を行ったにもかかわらず、問題が解決されない場合は、管理組合理事長は、理事会の決議を経てその飼育者に対し、その動物を飼うことを禁止することができる。
3.動物を飼うことを禁止された飼育者は、新たな飼い主を探すなど、速やかに適切な処置をとらなければならない。

(定めのない事項)

8条 本細則に定めのない事項については、管理組合理事会の決議によるものとする。

(細則の改廃)

9条 本細則の改廃については、規約による組合総会の承認を得るものとする。

<付則>

(施行期日)

1条 この細則は、改定の日(平成15330)から施行する。

(経過措置)
2条 この細則施行日に、現に飼育するペットで本細則第3条第7号に違背するものは、一代限りその飼育を認める。

2.細則第6条第11号の規定は、付則第3条第1項の「登録」後適用するものとする。
3.細則第6条第6号の規定にかかわらず、第2項で飼育を認められた体重10キログラム以上の犬について抱きかかえられないときは、引き綱を短く持って足元に引きつけておくことを認める。

(登  録)

3条 この細則の施行の日から2月内に、ペット飼育者は、所定の「ペット飼育許可申請書」及び「誓約書」を提出し、「ペット飼育者の会」の会員として登録する。
2.第1項の登録を行わなかった飼育者は、細則第5条第1号に違反したものと見做し細則第7条の適用を受けるものとする。又その飼育者は前条第1項の適用は受けられないものとする。