HOME > 防災対策 > 地震・防災対策(広報委員会)

防災対策――普段から心構えを

広報委員会 

一人一人が取り組む防災

 災害による被害をできるだけ少なくするためには、一人一人が自ら取り組む「自助」地域や身近にいる人同士が助け合って取り組む「共助」国や地方公共団体などが取り組む「公助」が重要だと言われています。その中でも基本となるのは「自助」一人一人が自分の身の安全を守ることです。「自助」に取り組むためには、まず、災害に備え、自分の家の安全対策をしておくとともに、家の外において地震や津波などに遭遇したときの、身の安全の守り方を知っておくことが必要です。ふだんから水や食料などの備えをしておくことも必要です。
 防災対策には、十分とか絶対大丈夫というものはありません。一人一人が、自分の周りにどのような災害の危険が及ぶのかを考え、その被害をできるだけ少なくするために必要な対策を講じることが重要です。

家の中の安全対策をしておく

 これまでの大地震災害では、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしたりしました。大地震が発生したときには、「家具は必ず倒れるもの」と考えて、防災対策を講じておく必要があります。
 寝室や子ども部屋などには、できるだけ家具を置かないようにし、家具を置く場合はなるべく背の低い家具にし、転倒防止対策をとりましょう。また、家具が倒れてけがをしたり、出入り口をふさいだりしないように、家具の向きや配置を工夫しましょう。

家の中では

 座布団などで頭を保護し、大きな家具から離れ、丈夫な机の下などに隠れる。あわてて外へ飛び出さない。もし、火事が発生した場合には可能ならば火の始末、火元から離れている場合は無理して火元に近づかないようにしましょう。座布団などで頭を保護し、大きな家具から離れ、丈夫な机の下などに隠れる。あわてて外へ飛び出さない。もし、火事が発生した場合には可能ならば火の始末、火元から離れている場合は無理して火元に近づかないようにします。

タンス 

 床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具で固定。ポール式器具は、タンスの奥の方(壁側)で、天井や家具の硬いところに取り付ける。上下に分かれている家具は連結しておきます。

食器棚

 L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金を付ける。ガラスにはガラス飛散防止フィルムを張ります。

本棚

 L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、重い本は下の段に。本棚の端の硬い部分にひもやベルトなどを取り付けて、本が飛び出さないようにしておきます。

テレビ

 粘着マットを敷いて転倒を防ぐとともに、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに固定します。

冷蔵庫

 裏側をワイヤーなどで壁に固定します。

窓ガラス

 強化ガラスに替えたり、飛散防止フィルムを張ったりする。カーテンを閉めておくことでも室内への飛散防止に効果があります。また、割れたガラスが飛散した部屋でも安全に歩けるように、スリッパなどを近くに置いておくとよいでしょう。

ライフラインの停止や避難に備えておく

 大災害が発生したときには、電気やガス、水道、通信などのライフラインが止まってしまう可能性があります。ライフラインが止まっても自力で生活できるよう、普段から飲料水や非常食などを備蓄しておくことが大事です。また、自宅が被災したときは、安全な場所に避難し、そこで避難生活を送ることになります。避難所生活に必要なもの(非常用持ち出し品)をリュックサックに詰めておき、いつでもすぐに持ち出せるように備えておきましょう。

災害時に備えた備蓄品の例

  • 飲料水 一人1日3リットルを目安に、3日分を用意
  • 食品 ご飯(アルファ米など一人5食分を用意)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど、一人最低3日分の食料を備蓄しておきましょう。
  • 下着、衣類
  • トイレットペーパー、ティッシュペーパーなど
  • マッチ、ろうそく
  • カセットコンロ

※非常に広い地域に被害が及ぶ可能性のある南海トラフ巨大地震では、「1週間分以上」の備蓄が望ましいとの指摘もあります。

※飲料水とは別に、物を洗ったり、トイレを流したりするための水も必要です。日頃から水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつもはっておくなどの備えをしておきましょう。


非常持ち出し品の例

    • 飲料水
    • 食料品(カップ麺、缶詰、ビスケット、チョコレートなど
    • 貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
    • 救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
    • ヘルメット、防災ずきん

(非常持ち出し品の一例)

  • 〇マスク
  • 〇軍手
  • 〇懐中電灯
  • 〇衣類
  • 〇下着
  • 〇毛布、タオル
  • 〇携帯ラジオ、予備電池
  • 〇使い捨てカイロ
  • 〇ウェットティッシュ
  • 〇洗面用具

乳児のいる家庭はミルクや紙おむつ、ほ乳びんなども用意しておきましょう。

安否情報の確認方法を家族で決めておく

 家族がそれぞれ別々の場所にいるときに、災害が発生したときには、お互いの安否を確認できるように、日頃から安否確認の方法や集合場所などを家族で話し合っておきましょう。家族みんなが携帯電話を持っている場合でも、災害時は回線がつながりにくくなるため、連絡がとれない場合があります。安否確認には、「災害用伝言ダイヤル(171)」、携帯電話のインターネットサービスを利用した「災害用伝言板」などのサービスを利用しましょう。

地震が発生したときの、身の守り方を知っておく

地震はいつどこで発生するか分かりませんが、気象庁の「緊急地震速報」を活用することによって、強い揺れが来ることを直前にキャッチし、身の安全を守る行動をとることができます。緊急地震速報は、地震の発生直後に震源や地震の規模(マグニチュード)を推定し、各地における振動到達時刻や震度を予測し、可能な限り早く知らせるシステムです。緊急地震速報は震度5以上が予想されたときに発表され、テレビやラジオ、携帯電話、市町村の防災無線などを通じて報知されます。
 緊急地震速報を見聞きしてから強い揺れが来るまで数秒から数十秒のわずかな時間しかありません。すぐに周りの人に地震が来ることを知らせ、あわてずに身の安全を確保するようにしましょう。

災害用伝言ダイヤル

大災害発生時に、被災地内の電話番号に限り利用可能なサービスとして、局番なしの「171」に電話をかけると、音声ガイダンスに従って安否などの伝言を音声で録音することができます。被災者の家族等が全国どこからでもその伝言を再生し安否を確認できたり、被災者に対する伝言を録音したりすることができるサービスです。一般加入電話や公衆電話、一部のIP電話から利用できます。
(政府広報オンラインから)

<受水槽緊急遮断システム>

 広尾GHは災害時に水道本管が破損し汚濁水が流入しないように、受水槽緊急遮断システムが作動します。この受水槽にある水を飲料水として使えますが、配水には非常用発電装置によって送水出来ますが、限られた時間しか使用できません。また発電装置が使えない場合や管理会社の職員がいないことも想定されます。みなさんで協力して配水することになりますが、システムのマニュアルを作成したらお配りしますのでご一読して下さい。


地震・防災対策――主要ポイントを整理します

広報委員会 

防災対策――普段からの心構え

広尾GH管理組合では過去に「地震(防災)対策について」と題する小冊子を作成・配布したことがあります。また東京都は阪神淡路大震災の教訓に基づいて、「首都圏直下地震による東京の被害想定」を2006年に公表しました。このようなノウハウの積み重ねと今回の大震災の体験に基づいて、今後の防災対策を居住者に周知する方策をさらに検討する必要があるものと思われます。防災対策について参考になるポイントを整理しておきましょう。

家族間のコミュニケーション

○大地震では一般電話もケータイも通じなくなることが実証されました。電車・バス・タクシーも十分に走行せず、主要道路は帰宅難民の波となりました。家族がばらばらになったときの連絡方法や集合場所を決めておきましょう。
○避難場所や安全な避難道路を確認し、家族みんなで実際に歩いてみましょう。

災害時の暮らしに備える

○断水――飲料水1人1日3リットル必要とされています。洗面・洗濯・トイレ用にも必要です。ポリタンクなどの飲料貯水のほか、浴槽の湯をとっておくことも有効です。
○食料品――米、粉ミルク、離乳食、病人の治療食など家族構成にあわせて用意しましょう。
○ガス停止――都市ガスは復旧までにかなりの日時を要します。簡易ボンベなど炊事用燃料を用意しておきましょう。
家具類の転倒・落下を防止する
○本棚――本棚が倒れたり書籍が落下することを未然に防ぐために、安定した積みかたを心がけ、差し込み式の防止材を使ったり突っ張り棒をつけるなどの転倒対策を施しましょう。
○食器棚・飾り棚――扉が開かないように耐震ロックをつける、ひもで結ぶ、粘着テープをはるなどの工夫をしておきましょう。
○置物――倒れやすい美術工芸品は高い場所は避け、落下しにくい安定した位置に置くよう心がけましょう。

防災準備品を用意しておく

○火災に備えて――消火器、バケツ、浴槽の湯
○避難救助に備えて――スコップ、バール、防水シート、のこぎり
○行動に備えて――電池、懐中電灯、ラジオ、ろうそく、軍手、マスク、帽子、スリッパ、ラップ、アルミフォイル

震災発生時における留意事項

○火元の始末を。ガス機具、暖房器具などの火を消してください。
○テーブルなどの下に身をふせましょう。
○玄関ドアや窓を開け避難通路を確保します。
○互いに声をかけ合い、協力して応急救護を。
○火災が発生したら、消火器で初期消火を。

避難するとき

○避難する際は延焼を防ぐためにドア・窓を閉めます。
○避難通路は非常階段、避難ハッチです。エレベーターは使用してはなりません。
○あわてて戸外に飛び出さない。屋外は壁・ガラスの破片などが落下して危険です。
○都・区の避難勧告、消防、警察による指示があった場合、指定の避難場所へ。
○避難は徒歩で。クルマは使用してはなりません。


大地震に襲われたときには、このようなガイドラインはたんなる参考にすぎません。
自分と家族の身の安全と財産は自分で守ることにつきるでしょう。いざというときにあわてないよう、そしてそのための備えとして、普段からの心構えが大切です。

消防庁「防災マニュアル」のホームページをご参照ください。
http://www.fdma.go.jp/bousai_manual

AEDの使い方演習



今年9月にサンクンガーデンで行われた防災訓練でAED(automated external defibrillator――除細動器)の使い方が東京消防庁の係官から紹介されました。これは心臓発作を起こした人に電気ショックを与えて心室・心房細動を除去する器械です。広尾ガーデンヒルズの随所に設置して、これからも多くの居住者に使い方を学んでもらう機会を設けたいと考えています。